読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book book

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

まだ最初の2話しか読んでいないけど村上春樹の言い回しや表現方法や終わり方がほんとに苦手で向いてないと思った。苦手なら読むなと言う話なんだけど、過去に短編集を一冊しか読んでなかったからただの食わず嫌いなのかもと思って。どこら辺を面白いと思えばいいのか解らない。
会社の先輩は、村上春樹の事を「アッパー系のひと」と呼んだ。「アッパーな人の書く話は苦手なんじゃないの?」と。そうなのかな、でもたとえば漫画家の一条ゆかりとかもアッパーな生活してると思うけどあの人の話は好きなんだけどな。