今日は

昨日飲んだ人たちの内二人を無理矢理呼び出し*1えばんげりおんを観に行った。公開から一ヶ月も経ってるから正直舐めてかかってたけどすんげー人。映画の内容は、もう10年も前の事なのにいちいち台詞とかちゃんと覚えていた自分のキモさを再確認する感じだった。一緒に観てたそれなりにえばを知ってる奴が、「なんか久しぶりに観てみたらさぁ、シンジ君が痛々しくてかわいそう過ぎて思わず泣いたんだけど俺」と呟いた。10年経ってみると違った視点で物事を見てしまう様で、シンジ君の悲壮さ加減は確かに重く圧し掛かってきた。
その後彼らと別れて同期の引っ越し祝いをしたり、でも明日からお仕事なのでさっさと帰ってきて今。

*1:しかも内一人はテレビ放送の時のを観た事も無いという無理矢理ノープラン。