このままでは

私は何か間違った方向へ進んでしまうんじゃないのか、それが恐怖。これは本当に欲しいものじゃないのに私は甘んじて許されようとしちゃうからどこかが擦れた時に勝手に傷付いて泣く羽目になるんだ。あぁ、でも。何も考えずに動くってなんて生温くて簡単。最後は既に見えてる、長くは続かないよ。