ひとの幸せを単純に祝えない、というか、これを知ったらあの人はどうするのかなと考えて、あの人が傷つくのは見たくないけど私がその作用で幸せになれるのならばもう狡くても何でもいいやと思えてしまって、自分の思考の最低さに酷く落ち込むのです。
そしてなんだかんだいって私は絶対に手に入らない感じが相変わらず好きだったのです