私にはしたい事も出来る事も何も無いので馬鹿みたいに眠ります。一生寝ていたい。
いろいろを忘れないようにと私は私のお守りを刻み込むけどでもしばらくするとそのお守りの意味も忘れちゃうからやっぱり私は馬鹿なんだなと思う。私を幸せにするのは私自身だから他の人に期待したりするのはお門違いな筈だ。そんなことを以前も考えていた筈なんだ。どうして今まで忘れていられたんだろう。毎日が漫然と通り過ぎて、私は本当に馬鹿になった。助けて欲しかった人達も、皆私の前から姿を消した。私が私の手で消してしまった。私は救われたいんじゃなくて誰かを救ってあげたかった。全部意味なんて無いんだけど。
一人の時間が長いと思考を巡らす時間も増えるから困る。毎日は漫然と通り過ぎてもっともっと馬鹿になるべきなんだと思う。