過去を蔑む事でしか前を向けなかった私が、こうやって連続している過去にちゃんと向き合えている事がものっすごく特殊な事だと思います。悲しいけど悲しいだけじゃない。たぶん。たぶん。