しごとしたくない。ブックオフに一日中いたい。この間小説を9冊、営業中に買ってしまって、会社に帰る時鞄の中見られないようにどきどきした!会社出たときよりも帰ってきたときの方が荷物多いってどうゆうこと!
本ばかりを詰め込んだ真っ白のラックがあっという間に埋まってゆく。偏りすぎたラインナップはなかなか、私を表している様で恥ずかしい。一度読んだ小説は殆どの場合読み返さない。二回も同じ文字をなぞるモチベーションと好奇心はまだありません。
次は誰を読もうかと考えながら100円コーナーをうろついている瞬間だけは恐ろしく無心でいます。