楽しいとか悲しいとかの感情すら過剰になってる気がして、私は自分を可哀想だと思いたいのか思いたくないのか、なんだかよくわかんない。