書いたそばから忘れるけれど

知らない人と話すのめんどくさい、自分の利益にならないことするのめんどくさい、お客さんとはちゃんと話すよだってあれは人の形をしたお金!!そんな訳できょうものらりくらりと生きています。
昨日同期の人とお酒を飲みながら、まだ内定者だった頃のわたしたちについて話した。本当、あの頃の私が今の私を見たら何て思うのか。だらけきっててごめんなさい。でも何だか楽しそうでしょう?ぶちぶち文句言いながら日々をちゃんと生きてるでしょう?追い詰められたいと思ってたあの頃の私もまだ健在です。そろそろなのかもしれない って時々思い出す。追い詰められてみようか。どきどき。私が人に誇れる事なんてこんなぶっちぎった自虐的思考回路ぐらいだわ。名前と誕生日とキュートな指紋ぐらいあれば大丈夫だとは思うような思わないような、明日も多分のらりくらり生きています。追い詰めて欲しいのか私は、たぶん。