ハローもグッバイもサンキューも言わなくなって

これから先、繋がっていける人と途切れてしまうだろう人と、2種類の人間がいるのだと最近強く思い知らされている。どんなに今が大好きでも大切でも仲が良くても近くにいても、小さくタイミングがずれただけで、二度と逢わなくなる人がたくさんいるに違いない。どんなに大好きでも大切でも仲が良くても近くにいても、そんなのに意味なんてないのだと気付く。全部が下らない。物理的な距離なんて関係ない。
そんな話をくるりワンダーフォーゲルを唄った後に同期の子がぽつりと零した。頷くだけで精一杯。