慣れた筈のパンプスで靴擦れおこして、絆創膏を貼ったけれど梅雨の雨で剥がれ落ちる。足を引き摺り終電に乗り込む。いたいいたいいたい。
自分の環境に悪態吐くだけの人にはなりたくないのです。