私は物事の価値を相対的にしか計る事が出来ないから、今現在を疎かにして過去ばかり抱えたがるのではないかと、ふと思った。もっと絶対的なものを持っていたい。それさえあれば安心できるのに。過去なんか記憶データの塊でしかないからいくらでも書き換えできちゃうのに。そんな曖昧なモノサシしか持ってないなんて。
たくさんの出来事も今になってみれば全てが嘘みたいなんだもの。過去に私は本当に存在したのだろうか。