読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか色々、愚痴とか後悔とか鬱だ氏のうとかあったんだけど、考え巡らしている内に全部どうでも良くなったからもう書かない。
8月なのに肌寒くなっちゃうから秋物のお洋服が欲しくなった。でもどうせ買っても着ないし、って思うととても悲しくなるので買い物には行きたくない。何も考えず欲しい服をお財布と相談しつつも死ぬほど買ってた学生時代が懐かしくて、でもその頃に買った洋服なんてもう殆ど着ちゃいなくて、お洋服の存在意義って何かしらと思う。私の場合、服や雑貨やその他可愛いものを買うのは、自分の手の中に収める為であって、それが似合うかとか着る機会があるかとかは正直二の次なので、お金を払って自分のものにさえなればそれでいいのだ。私は多分、お金を使う為に生きているのだ。生まれながらに散財野郎なのだ。
話が逸れたけれど、先日ポストに放り込まれていた某hacoのカタログ見ていたら、どうしても欲しい靴があって、私はまた「色違いで3足そろえちゃいました事件」を繰り返すのかもしれません。家の中が靴屋さん状態です。その癖、毎日履く仕事用の靴は一足しか持っていません。ジーザス