世界で一番愛してる

1000回往復した道の、温度とか湿度電車の音信号機の待ち時間蕎麦の花雨の匂い街灯の光。もう全て私のものではなくなってしまいました。また新しい愛するものを私は探すに違いない。