過去

20050812

起こりもしない妄想を描いてはどうしよもない現実から目を背ける毎日なわけ。
それでも近づきたいと思うのはなんでだ

20050826

遊び呆けてばかりのあたしはどんどん置いていかれる一方で夢の中にまでそれが進出しちゃったりして居場所がなくなっていく。
今のままじゃだめなのかな
楽しいばかりじゃだめなのかな
今のままでいたいって思ってくれてる人はいないのかな
またもや独り空回り。

20051115

私のことを好きじゃない人間なんてみんな死ねばいいと思う。

20060114

夜は、太陽と全く逆の性質を持っていて
それに甘える私はどこまで許されるのか

(本当はもう許されてなんか無い)

リアルを避けて夜に逃げると太陽が怖くなる
いつまで経っても戻れないよ
ここが心地よいのは止まった空気の感覚が肌の上を滑るからだ。

戻る場所なんてはじめから無かった訳だけれどね

20060129

どうせ皆表面にしか興味無い癖に深い所なんか知りたく無い癖に、中途半端に踏み込むのは止めて欲しい。本当なんて知りたくないんでしょう、ただ少しだけ見え隠れする知らない部分に興味を持ってみるだけでしょう。でもいざ触れようとすると柔らかいと思っていたその部分はドロドロの底なし沼みたいで一度手を突っ込んだらそのまま引きずられそうになっちゃうからどうせ最後は逃げるだけなんだ知ってるよそんなの。
最後まで付き合ってくれないならほんの僅かでもいらないって思うのも本当。でも偽物でもいいから構って欲しいのも本当。

20060426

よく知らないし解らないんだけど何かが辛くてしんどくてかなしいってそればっかり。大切な人を閉じ込める為じゃなくて自由にしてあげる為の(あげるって時点でおこがましいのも承知の上でこの発言)強さが欲しかったんじゃなかったのかしら?ん?
口を開けば不平不満ばかり、だから微かな揺れる電波に繋いだ瞬間にだけ溢れるようにプログラミングです無意識の中。欲望垂れ流しのディスプレイが一番輝いて見えるのよー。

20060803

私の綴る言葉の多くは、誰かに発信していたい様で実の所は自分自身に宛てたものである事が殆どだ。全ての言葉は自分の為。一見誰かを想っての言葉も元を辿れば私へと繋がっています。全てが自分へと。利己主義も甚だしいし本当は人との関わりが心から面倒臭いと思ってる。自分さえ良ければいい、って極端だけどそんな意見。死んでしまえ。

20070117

もう全部放棄するから無理矢理巻き込んでくれないかな。自分からは動けないの。
携帯電話のメモリを何度も何度も往復して結局今日も消せなかった。