読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90年代トーク

こんばんは。チョコレイト・ディスコなバレンタインデーですが家から一歩も出ずに終わりました。
以前書いたりぼんっ子話ですが、予想以上に多くのかたがたから反応をしてくれて、りぼんっ子多いな!と感動しました。それに伴い当時のことを色々と思い出しました。「りぼん派か、なかよし派か」で揉めた小学校時代。当時はりぼん派が過半数でしたがセーラームーンの流行によりなかよし派も地味に生き残っていた、そんな感じ。
懐かしい漫画を挙げてみます。自分用メモみたいなものですが長くなりすぎました

ハンサムな彼女 (1) (りぼんマスコットコミックス)

ハンサムな彼女 (1) (りぼんマスコットコミックス)

小学生の頃ちょっと大人びた雰囲気とか好きだった。ママレードボーイも好きでしたがハンサム〜の方が未央ちゃんかわいいし一哉くんはイケメンでした。
ルナティック雑技団 (1) (りぼんマスコットコミックス (721))

ルナティック雑技団 (1) (りぼんマスコットコミックス (721))

これ大好きだったんよ。リアルタイムであーみん読めたことが私の誇りです。こいつら100%伝説も読んでました
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)

ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)

りぼんといえば多分一番有名なのがこれだと思います。が、私が読んでた時は既に愛良編だったので、なんかいまいち話が分からず、ハマれなかった思い出があります。でも衣装が可愛かったので、よく絵でまねっこして描いてました。あと↓これも(作者同じつながり)最初のほう読んでたけど、なんかこうファンタジー色が強くて読むのが恥ずかしかったです。技の名前を叫びながら敵を倒したりとかそういうの。はずかしー!!最後どうなったんだ?高校生ってこんなに楽しいんだ!!!1という間違った知識を植えつけられた恐ろしい青春漫画でした。大好きでした。現実は甘くありません。この2作品がちょう好きだった、なんていうか暗い雰囲気が!!!最近BOOKOFFで読み返してみたら、小学生当時では理解できてなかったところがたくさんあって、とても良い(そして暗い)話でした。こどちゃも好きだったけど最後のほうは読んでなかったからな…今みるとこの表紙がすげえ90年代。面白かったんです。
有閑倶楽部 (1) (りぼんマスコットコミックス)

有閑倶楽部 (1) (りぼんマスコットコミックス)

小学生のわたしには一条ゆかりてんていの絵は大人すぎました!!少ししか読んだことなかったのですが、「とある女の人が洞窟に生えてる苔を食べて若さを保ち続けていた話」が衝撃的すぎて今でも鮮明に覚えています。前回載せた無敵のヴィーナスのあとに連載してたバンドものというかオカマものというか。この作者の描く絵とか話がとってもすきでこの話も大好きでした!!でも主人公と最終的にくっつく男の子がどうしても好きになれなかったです。うわぁ懐かしい。この人のは今も好きです。
まゆみ! 1 (りぼんマスコットコミックス)

まゆみ! 1 (りぼんマスコットコミックス)

へそで茶をわかす 1 (りぼんマスコットコミックス)

へそで茶をわかす 1 (りぼんマスコットコミックス)

ギャグまんがたちです。好きでした。
海辺の秋の夕暮れの (りぼんマスコットコミックス)

海辺の秋の夕暮れの (りぼんマスコットコミックス)

読みきり中心で描いてた人だと思うけどすごく好きで泣ける話が多かったです。たぶん。
君と僕の街で (りぼんマスコットコミックス)

君と僕の街で (りぼんマスコットコミックス)

この人も読みきりすごく好きだった。今でもときどき見かけるけど。

載せたの以外にも懐かしい漫画が次から次へと思い出されて、心だけタイムスリップできた。私の少女漫画脳はすべてここから創られています。