コーラス部

移動時間が長いので週末の日記を書きます。
日曜日。高校の部活の人の結婚式が来月にあり、余興を任された皆で練習の為に集まりました。私たちは、元・東高校合唱部である。余興は当然、歌をうたいます。
集まったのは男女4人。運よくすべてのパートの人がいます。スタジオが予約できなかったのでカラオケボックスでの練習となるも、誰もキーボード的なものを一切持ってきておらず、いきなりでばなをくじかれるわたしたち。そら歌えねえよ。カラオケボックス近くの楽器屋さんで急遽ピンクのピアニカを購入。
高校の頃に歌った曲をやることにしたので、全員が「楽譜みれば適当に思い出して歌えるのではないか」という甘すぎる読みをしていたが、読みが外れるどころか「こんな曲を歌ったおぼえはない」とか言い出す始末で(私が)、結局イチから音取りしながらの練習に。ちなみに曲は、まぁ結婚式でうたう分には問題ないよねって感じのやや定番ソングです。日本語の曲を選んで本当に良かった…(高校の頃はラテン語やフランス語の曲が9割でした)。
つっかかりながらも4人で最後まで通せるようになるまで3時間。音は、やや外し気味。それでも、練習してる時のぴんと張った空気とか綺麗に音が重なった瞬間とか「あんた音はずしてるから。はいもっかいね」とか言える歯に衣着せぬ雰囲気とか、懐かしすぎて涙出そうだった。楽しい!もう上手くうたえないけど楽しい!!本格的に合唱サークルみたいなものに入ろうかと真剣に考えました。まだ考え中です。
あと1、2回ほど練習する機会があります。精一杯楽しんで、本番では、ほほえましくて笑いを誘う程度のクオリティのものを見せつける予定です。