スイーツ会話

会社の女子5人、駒沢公園でラーメンを食べた。五輪ラーメンと六厘舎のと博多一幸舎と大勝軒の4種類。そういうイベントがあったからであって、決して普段から貴重な土日にラーメンの食べ歩きをしている訳ではないという事は、記させていただきたいと思います。大雨に打たれて身体が冷えた。
帰りに渋谷のand on andでドーナツを食べた(食べてばっかり)。いつものように仕事の愚痴と恋愛の話が中心になりつつも、色とりどりのかわいいドーナツに浮かれて「こういうとき、女子として生まれてよかったと思うよね…!!!」というスイーツ(笑)会話をしたりもする。

Hさん(先輩)って、好きな人とかいないんですか?
「うーん、今はいないかなぁ、出会いとか欲しいんだけどねー」
合コンでいいなって思う人とか…
「たまに、ちょっといいな!って思うひとはいるよ!」
じゃ、そういう人にがんがん攻めればどうにかなりますよHさんなら。可愛いし。
「でもさぁちょっといいなって思う人に、携帯アドレスとか聞いてからさ、」
はい。
「しばらくメールとかしてからさ、やっぱりなんかちょっと違う!って思っちゃったりさ、」
はい。
「そういうの結構あるでしょ?」
うーん、はい、そうかもしれないですね。
「そうなっちゃうとさ、相手からしてみると肩透かしじゃん?」
そうですねぇ。
「相手のほうがあたしのことちょっと好きになってくれたとしてさ」
はい。
「アドレス先にきいたのあたしなのに、ひどくない!?」
ああ、はい。うーん。でも友達として仲良くなっちゃえばいいんじゃないですか?
「うーんでもさ、こっちは友達として見ててもさ、」
はい。
「そういうときってむこうがこっちを友達として見てくれないっていうかさ!」
はぁ。
「あたしはあなたを男とは思ってないよ!って言っても通じないっていうか」
はぁ。
「なんでわかってくれないのー!って、結局ダメになっちゃうんだよねー」
はぁ。
「そんな風になるのいやだから、いいなって思うひといてもアドレスとか聞けないんだぁ」
はぁ。そうなんですね。

そうかぁアドレス聞いた相手はみんな自分のこと好きになるっていう自信があるのかぁすげえなぁ。と思った。