曇り空、海と河の境界、高速道路、モノレールの振動。薄いプラスチックの中にわたしたちは居るのだ。無人の観覧車が回る。私には関係が無い。