人生の岐路に立つ

それは高校受験の時よりも、大学浪人をきめた時よりも、大学に受かった時よりも就職先を決めた時よりも、東京に出てきた時よりも、遥かに高いハードル。
今まで何か重要なことを決めた時、私は一人で考えた事がなかったんだとようやく気付いたよ。一緒に受験したり一緒に就活する友人がまわりにいたもの。ひとりっきりの決断は重たいです。善くも悪くも変化を嫌う私はまだここに留まる事を優先させてしまう。さて。私はどうするんだろ。現状に甘んじる事が最善じゃないと知りながらあえて盲信的になる行為は愚かだわ。失う事を恐れなければもっとたくさんを得られるのにね。