思わせぶりな日記は良くないので消去しました。こういう感情に任せた書き方をすると、後で激しく後悔をするわ。
サマソニに一緒に行った上司(39さい、未婚、いいおっさんである)と、どういう訳かあれやこれやがあって、会社に行くのがとても辛かった。過去形に書いてるけど実はまだ現在進行形で、いまだに私のデスクの右斜め前だけ、歪んだ空間のように見える。
大人になってからの恋愛とはこうもめんどうなのか、はたまた上司と部下という関係だからめんどうなのか、一回りも年齢が違うからめんどうなのか、そもそも大して好きじゃないくせになんやかんやしたのが良くないのか、むしろ本当は好きなのか、やっぱり嫌いなのか、もう何も解らずあたまの中はずうっと混乱し続けている。
たかだか100人しかいない小さい会社の中で起こる悲喜交々。閉じられた空間では正常な思考が持てないのも仕方なくない?女子高で若さしか取り柄のない男の先生がモテる法則と同じだと思っている。
大人なんだからもっと割り切りなさいと、無言でプレッシャーをかけられている気がする。そんな馬鹿な。わたしはいい大人であるが、大人だからこそ身動きが取れないし、無謀になることも出来ないし、でもあらゆる欲望に勝てもしない。私にできることは耐え忍ぶことだけなのでは、とふと思ってしまった。嵐が過ぎるのを待つ。将来、そんなこともあったねえという笑い話にでもなればよい。私のもやもやなどインターネットの片隅に置いてくるくらいで調度良い。あーイケメンで私を世界一愛してくれる恋人が欲しい。あ、本音です。おわり。