髪の毛を染めました。黒く。前髪も切りました。そんな一日でした。
同居人に、先週の出来事を話しました。私以上に怒ってくれました。嬉しくもあり、悲しくもあった。言葉じゃ伝わらないことが多すぎると思った。けれど本当は話したことが全てであり、当事者である私が妙な色眼鏡で事実を歪ませて見ているだけのようでもある。私は酷いことを言われたし酷いことをされたよ。なのにまだ、救われたいと思っている。そんなことは未来永劫起こらない。悪いのはきっと私の方。庇わないでください。私を見ないで。