読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイラブユー・アンド・アイニードユー

diary

ふくしまに帰ってきた。
地震津波の直接被害はあまり無い地域とはいえ、放射線量は比較的高い地域であるため、外を歩く人をほとんど見ない。洗濯物は外に干さない、外出するときはマスクをする、外から家に帰ったら洋服を着替える、水道水を飲まない、などの小さいけれど繰り返されればストレスになる事柄がたくさん。私は滞在期間がほんの数日だから、そういったことにあまり気を使いたくなかったので、小雨の振る中歌をうたいながら犬の散歩に出掛けた。すれ違った人は一人もいなかった。
気を使いすぎだよとか明るくいこうよとか、そういった言葉はもはや余所者と成り果てた私が言うべき言葉ではないと感じた。わたしにできることは、わたし自身が気にしてないポーズをとり続けることじゃないかと。たぶん。
テレビでやたらと流れるあの歌を、気がつくと口ずさんでいる。すべての人が、やさしく在ることができればいい。わたしはここが大好きです。