読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越しと野球

久しぶりにこのページを覗いたら楽天がCS進出!?キャーとか痛い話が最新日記で悲しくなった、でも最終的に3位ホークスとは1ゲーム差だったのだ。2009年以来、球団発足2度目の勝率5割である。本塁打数は過去最低であったものの(デーブ許すまじ)、若手の予想外の活躍により、それなりに楽しめた一年であった。個人的には野球観戦部を発足し、球場には5回と決して多くは無いがきちんと足を運べた。部長としてそれなりに活動推進が出来たと自負している。よい一年でした(もう年末扱い)。

それはさておき引越しをした。さようなら世田谷区。生活するにはやや不便で、遊ぶには便利な街だった。あまり愛着を持てずに去ることになったが、近所の飲み屋は美味しくて朝までやっていてくれる所が多かったのでそこは重宝していた。広い家だったし(60平米以上ある)キッチンは四口コンロだったので料理が捗った。5Fともなると虫がほとんど出ないことを知った。ベランダから小さく見える東京タワーを眺めながら夜中に煙草を吸う時間が好きだった。

中野の家を去る時も似たようなことを考えていた。住む場所を変えるということは、思い出の場所がひとつ増えるということ。もっときちんと愛しておけばよかったなぁとか、そういうことを。

次の新居は目黒区。探しに探しまくって内見は20件くらいしたのではなかろうか。最後は力尽きて「もうここでいいです…」という半ば投げやりになって契約をしてしまった。とはいえ広い庭があり、内装もスケルトンリフォームされていて、やや狭いけれどそこそこ気に入っている。まだ家具・家電が何もなく、照明も無いので(!)、毎日キッチンの明かりとデスクライトだけで生活をしてそろそろ1週間。もう少し落ち着いたら、この街もしっかり散策して、きちんと丁寧に愛せるような努力をして生きたいと思っています。そしてなによりもうあまり引越ししたくない!引越しってお金かかってしょうがない。せめて4年は住む。きっと。たぶん。

実は恋人が海外出張に出ているのでまだ新居は見ていない。私の独断と偏見で契約しているのでそのあたりがやや不安ではあるが、「住めば都っていうもんねー」という言葉でどこまで誤魔化せるか、私の対応力がモノを言うでしょう。