読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を取ったと感じる

身も蓋もないタイトル…

昔の日記はおもしろい。ドロドロした内側をメモしまくっていたあの頃と今、比べてみると尚おもしろい。結婚をした今、以前と比較して恋愛系の悩みを感じることはなくなった。夫との関係性について悩むことはあっても、それはあまりにもパーソナルすぎる悩みで、ここで吐き出す内容では無い。たとえば私がこの先夫以外に好きなひとができて、浮気的なお話になったとしたら、きっとここでそれはもう狂ったようにメモしまくることだけど。
しごとも、最早ルーチンワークと化し、だってもう辞めたい辞めたい呟き続けて7年目だ。一通りの愚痴は吐き出し尽くした。結局ここは私の、人に言える範囲での、負の感情でしか言葉を埋められない場所なのだ。…だからこそこうやってぽっかり空いた時間になるとまた中身の無い内容をうじうじと記録する有様なのです。
成長はしていないけど状況は変わったのだなと思った。つまらない、人間になったなとも思った。病んでた時の自分って天才じゃない?!なんて馬鹿なことを知人と笑いあったこともあったけど、それもひとつの真実です。つまらない人間がつまらない日常を歩むのです。これからもただ淡々と、わたしは。

それなのに昔の自分を憐れに思うどころか羨ましいと感じる。後先考えずいろいろやらかしたよ、本当に!!
昔もいまも繋がっているのだから、もちろんこれからのわたしにも期待をする。いつか何かを、やらかしたくなるに決まっている。その時またわたしはマイナスの感情に溢れるけれど、結局それを楽しんでいるわけだから、おめでたい奴だなわたしは(自己完結)。