読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとのほんと

冬でも晴れる日が多い東京という土地に未だにはっとさせられる、冬といえば灰色の空ばかりで青空なんてほとんど見たことが無いと思っていたがそれは記憶の改ざんかもしれない

雪が降る日、こたつに寝転がりながら窓越しに空を見上げると、自分が宙に浮くような感覚がして好きだったという記憶ばかり、毎年繰り返し繰り返し思い出す。子供の頃の記憶は遠く温かくとても悲しい。もうあの場所に私はいない事の、再確認。