読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常垂れ流し

クリスマスから年末に至るまでの足早な感じに全く付いていけず、その癖月末に有休申請しちゃったりして自分で自分の首を絞めている。
12/25クリスマス当日、友人とPerfumeのドームライブに行く。今回は全然良くない席で、豆粒のような三人を見つめる結果となり、ライブ自体はきっと素晴らしい内容だったのだけれど、「この席で6500円は無いわー」とため息を吐くような感じで終演。アリーナも2階席の一番後ろも同じ値段ってのは納得がいかんのです。プロレスだって野球だって、良い席は値段が高いじゃないか。なんで音楽のライブは違うのだ。
今まで比較的良い席ばかりが当たっていたため今回は本当に残念であった。そしてリベンジに燃えるふたりであった。

ライブの後、友人と夫の三人で飲む。私からすると夢のような組み合わせ。決して交わることの無い、地元に住む大学時代の友人と、東京に住む合コンで知り合った夫。私たちの大学時代を振り返りつつ、遊び呆けたキャンパスライフを改めて噛みしめた。とりあえず友人の夫評価は非常に高く、安心したのです。

クリスマスからお正月に、街が一気に変わる感じが少し寂しい。クリスマスが特別好きな訳ではないけれど、世の中が華やかな感じ、わくわく、ケーキ食べても怒られない、非日常、みたいな。お正月も似てるけどもっとローテンションなイメージ。
なんだか今年はクリスマスが平日だったこともあってあまり満喫できなかった気がする。それでも美味しいご飯をつくってケーキも焼いた。相当がんばった。プレゼントは夫と一緒に買い物に出かけて、なぜかお揃いのドクターマーチンを買うことになった*1。結婚してからのプレゼント選びはなかなか難しい。

1月になったら死ぬようにのんびりすることが夢!

*1:もともとわたしがマーチンを個人的に買いたくて見ていたら、「ちょっとそれいいね!」「おれマーチン履いてる女の子好き!」「履いてみて!履いてみて!」となり、そのまま購入してもらった。その流れで、「おれもマーチン履きたくなってきた!」じゃ、じゃあ買おうか…(おなじ8ホールでお揃いになるけど…)ということになり、洋服のペアルックとは違って分かりにくいから大丈夫だよねと確認し合い、痛々しい夫婦のクリスマスとなったのです。