新婚旅行 序章

きっと多くの人がこたつにミカンでTV番組な1月1日から、4泊6日でマレーシアに行ってきました。

なぜわざわざ元旦に行くのか

夫の仕事で、長期の休みが取れるタイミングが、このときを逃したら向こう5年はやってこなそうだったから(超絶ブラック)

最優先事項は何だったか

ビーチリゾートがとにかく好きで毎日飽きるほどシュノーケリングがしたかったので、シュノーケリングスポットがあるところ。ダイビングではなくシュノーケリング

なぜマレーシアなのか

夫の休みが決まり、じゃあ新婚旅行にいこう!そうだそうだ!!となったのが12月に入ってからで、約6日間で行けて現地で十分ゆっくりするだけの時間がとれて(=移動時間が長すぎなくて)、いまからでも予約できて、海が綺麗で、今まで行ったことない国で、良いホテルが空いてるところで、飛行機の時間がちょうどよさげなところ…という条件に当てはまってくれた場所のひとつがマレーシアのコタキナバルだった。
あとは色々と口コミとか調べてみて、コタキナバルいいじゃん〜^となったので。

12月の1週目のどこか、とりあえずHISに行ってみた。これくらいの予算と期間で、ビーチリゾートありますか?とカウンターのお姉さんに聞いてみたところ、色々調べて貰ったうえで「飛行機があっても宿が無いです^^宿があっても飛行機がないです^^弊社ではむりですね^^」と言われたのでエクスペディアで自力で探すことを決意。
色々調べてわかったことは、沖縄の離島より海がきれいな場所は、南半球の近場にはほとんどないということ(;ω;)辛うじて、パラオかな?と思ったけど、パラオ自体あまりホテルの無い地域らしく、この時点で予約が埋まってしまっていた。行きたかったなぁ、パラオ
でもそこから色々調べ、マレーシアあたり良いかもねとなり、ランカウイでもクアラルンプールでもなく、なぜかコタキナバルという微妙な地域に行くことになったのでした。続く