読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタキナバル旅行 3日目

memo photo trip

今回旅行のまとめを書こうと思ったのは、コタキナバルの情報を得るのに、多くの方のブログが参考になったからです。マイナーな訳ではないけどさほどメジャーではない観光地だけに、情報収集に苦労しました。何かの役に立てばと思うのです。

1月3日

この日も朝食後はスピードボートで離島へ…と思ったら「シュノーケリングなら、今日は午後からの方が良いよ、潮が引いてるから^^」と受付のおっさんに言われ、既に水着姿の私たち、途方に暮れる。とりあえずホテルのプールサイドで寝たり泳いだりして時間を潰す。のんびりしてるとホテルの人がフルーツをサービスで持ってきてくれる…。至れり尽くせり。

午後ようやくサピ島へ。前日のマムティックとは異なり人が多い!泳ぐところもやや広め。ちなみに海水浴スポットとシュノーケリングスポットは海に浮かぶブイで分けられています。

(この写真は島への最終ボート直前なので人がいません)

はしゃぐ夫

サピ島にはごはん食べるところもある

なんか頼んだのと全然違うのでてきた…ナシゴレンを頼んだつもりであったのに焼きそば。ミーゴレンという、ナシゴレンの麺バージョンかな…とおもったけどそれとも違う、焼きそば。右奥の飲み物はミロです。マレーシアはミロの消費量が世界一とかでどのお店に行ってもミロが置いてある。飲んでみたら日本のより甘い。つめたいの頼んだはずなのにホットで出てきたし…絶対英語力の問題じゃないし

島には猫がいました。ごはん食べていたら寄ってきた。

にゃー

テーブルに乗ってくる。図々しい…(でもかわいい)

動物に興味がない夫の、猫との関わり方がシュール

天気が悪くなってきたのでホテルに戻り、一休みして、また市街地へ。前日の、恐怖のセンターポイントを体験しているのでどうしようかなと思ったけれど、コタキナバルの可能性に賭け、もうひとつのショッピングセンター「スリアサバ」へ。こちらは結果的に、行って良かった。センターポイントは本気で「一体誰がここで買い物をするのか」という感じだったけど、こっちはそれなりに、買うものがあると思われる。日本とさほど変わらない感じのショッピングセンター。マレーシアブランドのVINCCIでサンダル購入。お土産用のfipperのビーサンも買えた。
センターポイントで終わっていたらコタキナバル市街地の印象が悪いままであった。よかったよかった。
その後またマッサージをうけるため、シーフロントに。途中でナイトマーケットにも寄る。

そこらじゅう果物

ずらーと屋台。夫はパパイヤとパイナップルを大量に買い込んでいた。

この女の人が切っているのはドリアンです。匂いが怖くて買えなかった。

マッサージ屋では前日担当してくれたおばちゃんに「また来てくれたのね、ハネムーナー!」とにこにこ言われる。えへえへ。
三日目が終わる。