読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日死ぬこと

明日事故にあって死ぬとしたら私はどうするか、ということをときどき考える。
痛くなければいいなぁということと、そんなにやり残したこととか未練とか無いかもなぁということ。この先もずっと、『世論的に、やりたくないのにやらなきゃいけないこと』に追われる位なら、別に死んじゃっても、後悔とかは無いんじゃないかなと。私は思う存分やりたいことをやってとても幸せだった。色々あったけど全て総括して、幸せだったと他人の目を見て話すことができる。
でも自分以外の人のことを考えると、まず親より先に死ぬことなど許されるわけがないし、夫を残して死ぬのもとっても可哀想だ。私は死ねば何も考えなくて済むけれど、夫は一生、嫁が死んだという事実を背負いながら(誰かと再婚したとしても)、生き続けなければならないわけで、それはとっても可哀想。仕事で知り合った人や友人たちも、「あいつが死んだ」という暗い影を背負わなきゃいけないわけで、同窓会とかもちょっとしんみりして盛り上がりに欠けちゃったりして、私、酷すぎる。
私の死が誰かの心に暗い影を落とすなんてそんなの死ぬより恐ろしい。
少し前まではそんなこと関係無く毎日死にたーい(てへぺろ)とか思ってたけど人はこうして変わるのだなと。私のことを大切に思ってくれる人が一人残らずいなくなったその瞬間に思う存分死にたいと思います。できるだけ痛くない方法でお願いします。