読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚式

高校時代の友人の結婚式があった。

当時のクラスメート6人が参列した。よくよく考えるとクラスが同じだったのは新婦を含めたったの1年間だけで(私以外の人は2,3年生と同じだった、私だけ世界史を選択していた関係で3年生の時にクラスが離れたのだ)その割に私の高校の思い出はこのメンバーがいた頃の印象しかない。

特に男性陣には10年以上振りに会ったんだけどそんなに仲良かったわけでもなければむしろ苦手なリア充気質の方たちなので当時話すことも少なかったと思う、が、30越えたらもう何でも一緒だよね。みんな普通の大人になっていたしむしろちょっとダサくなってる勢いだし、楽しく話をすることができた。

なんだかとても泣きたかった。これだけの歳月を重ねても5分も一緒にいれば学ランと茶色いブレザーの高校生に戻れてしまっていた。受験勉強と部活のことしか考えていない、とても狭い世界で生きてきた3年間。当時は辛いことが多かったはずだから、あのころは楽しかったよねなんて一言で収めたくないのに、もの凄い力で15年前に引っ張られてしまう。私は過去ではなく未来に生きねばならぬのに、この強すぎる力から逃れる術を知らない!!次から次へと連想ゲームのように思い出される数々の出来事は私の思考回路をパンクさせる程には、甘く巨大で重苦しい。

自分の結婚式ではビタイチ涙を流さなかったのに友人の結婚式では頭が痛くなるほど泣けてきた。いままで掃いて捨ててきた過去を、少しは大切にしようと心に誓った日になった。