ケアンズ旅行


会社のお金でリゾート地に行けるってシステム、素晴らしいけど強制だから行きたくない人からすると地獄。
ケアンズという町はとってものんびり田舎町、歩行者はだれも横断歩道を守らず信号は意味を成していない。が、運転しているほうものんびりで優しい。マレーシアに行ったときは、横柄な接客というかぞんざいな扱いが多かったように思えるけど、ケアンズはみんなニコニコで心の余裕度合が違うな…と感じた。
なによりケアンズに住んでいる人たちは確実に富裕層なので、お金を落としてくれる下々の旅行者には優しいのだろう。


行ったのはキュランダ(スカイレール激コワ)とアウターリーフにあるミコマスケイ(鳥恐怖)、トロピカルズーという動物園(ウォンバット可愛い)というケアンズ超定番観光地。社員旅行とはいえ現地では完全放置なのですべて自分で予約したりアレコレしてどうにか。
とにかくずうっと天気が良くって素敵だった。やっぱり旅行は天気次第だ。



↑鳥にキャップを破壊されるの図
(ボタン盗られた。小学生くらいのアメリカ系の男の子に「ぼくもキャップ壊されたんだ!」と笑顔で話しかけられてキュンってした)



ミコマスケイは夢の島!と同時に鳥の島。鳥が嫌いな人は絶対に行ってはいけない。
海、というか珊瑚の綺麗さは今までで一番。こんなに大量の生きてる珊瑚を見れたのははじめて!すごい!触るとぐにゃぐにゃしてる!(※触ってはいけません)と興奮できた。魚影の多さでは宮古島に遠く及ばず、トータル的な満足度では宮古島>ミコマスケイ>神津島≧コタキナバル という感じ。宮古島より素敵な海はどこにあるんだろう…

ケアンズにこれから行こうと思っている人に是非覚えておいて頂きたいのは、ケアンズの物価を舐めるなということです。ガチで日本の2倍以上するし観光客相手だからかと思いきやそうではなく元々ケアンズはそういう町だそうです。賃金が日本の2倍以上だから物価が高くても成り立つんだとか。ヒエー
とはいえ買いたいお土産自体が少ない。UGGのブーツを買っていく人は多かったけど、私はあのデザインがどーしても好きになれず(だってどうみても、あったかいかもしれないけど可愛くはない)、お菓子のみを大量買いした次第。TimTam美味しいよね〜


飛行機から。
歳を取ってからもう一度行きたい、そんな場所でした。あと、もっとお金持ちになってから行きたい場所でもあった。