読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたた寝で怖い夢をみる

yume photo

f:id:nina19:20150319192038p:plain:w400


学校みたいなところで、皆でレクリエーションをしている。8~10人くらいのグループに分かれてスタンプラリー的な感じであたりを散策し、課題を解いたりくじを引いたりしなくてはならない。
そのスタンプラリー的なものの結果次第で、グループの誰かが死ななくてはならないルール。殺されるのではなく自ら死ななくてはいけない。しかも生き残れるのがグループ毎に2人とかそれくらい。大概死ぬ。皆、そういうものだと受け止めている。
わたしは「自分が生き残れるはずなどないから死ななきゃならないな」と思っている。でも自殺って痛そう。舌を噛んで死ぬなんてできない!こわい!(なぜか舌を噛んで死ぬ以外の方法を思いつかなかった、今思えば飛び降りるとか硫化水素とかいろいろあるのに…)そしてこのゲームには「自殺できる薬」も少しだけある。わたしは、いざというときに舌を噛んで死ねる気がしないからその薬がどうしても欲しい。楽に自殺したい。その薬を持っている人からどうやって薬を入手しようか考えて焦る。
と、思っている時に夫が帰宅して目が覚めた。

夢の中の私は「楽に死にたい」「舌を噛むのこわい」という思考しかなかったけど、逃げるとか生き残り組に残るとかいう考えが無いあたりがアナーキー