読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perfumeのLIVEに行った話

もう正直いいかな?ファンクラブ入ってるけど最近飽きてきてない?前回のライブ微妙だったじゃん?(ぱふゅむが悪いのではなく席が非常に遠くて3人が豆粒状だった為)そもそもアルバムになってない新曲知らないじゃん?いつも一緒に行ってる子とも最近連絡取ってないし、むこうがもう好きじゃないかもじゃん?好きだったとしても東京までご足労いただけるかどうかわかんないじゃん?????
などなど

行かない理由は100あった。けれど気が付いたら抽選予約に申し込んでいたし当選してた。

当選してからも誰を誘おうかオドオドしていたら、いつもの子からライブ行こうぜの連絡がきていた。(自分から誘えない面倒臭いタイプ)
なんだかんだでものすごく楽しみにしていたここ数日。ライブももちろんだけど旧友に会えるのが嬉しかった。地元を離れて早8年半。最早理由が無いと友達にも会えない。

ライブそのものは心から楽しかったの一言!「最近それほどでもないかも」から「やっぱり好き」へ移行する力を秘めたライブってすごい。楽しそうな3人を眺めているだけの幸せな時間。
旧友とは、前日の夜から当日の夜までしゃべり倒してライブの前から疲れてたけどもうそういうの全部ひっくるめて楽しかった、夢のようだった、学生の頃と変わらないテンションで、話す内容はより所帯染みてはいるけれど、好きな人と好きなことをするのってこんなに高揚感があるのかと、そんなことすら忘れている自分にも驚いた。
久しぶりに会うと何を話していいのか分からなくなる人もいるけど、彼女はそうではなかったことに安心したし、これからもperfumeが存在する限り、こうやって彼女と会うきっかけを作り続けてくれるのだろうと思う。ありがとうperfume…。

しばらくはぱふゅむと彼女の思い出に浸って幸せでいられる。楽しかったなーって毎日思い出す。
まるで恋のようです。実態の無いものを掴もうと、私の左手は空を切るのです。