日常記録

なんか気持ち悪い日記書いちゃったから…埋めとこ…と思って。
近況でもメモろうかと思ったけど2年くらい何も生活に変化がなく、そりゃ仕事がどうとか猫がかわいいとかあるけど、私自身はどうなのだ、と思うと、特に何も変わらず平穏な毎日で、今日夜ごはん何を食べようとか漫画アプリの無料チケット消化せなとか録画したあの番組を見ておかなきゃHD一杯になっちゃうなぁとかそういう感じでつまり特に書くことが無かった。
先月何してた?と聞かれても、正直何も思い出せない。ここ2年以上ずーっと。これはヤバイ。既に中年という領域に全身浸かってる身としてはこのまま棺桶コースになるのではという恐怖がある。だから突然刺激を求めて漫画とかドラマのフィクションの世界にハマるのだろうか。

私が中学生の頃、ビジュアル系にハマっていて、雑誌を片っ端から読み漁りラジオを聴くために夜更かしをして音楽番組は録画した映像を100回観てた。部屋にはポスターを張りまくってちょっとかなりヤバいエリアになってた。良くあの環境で受験勉強できたなと思う。でも、そんな情熱も、3年で飽きた。自ら飽きたのか、世の中的にブームが去っていったからそれに伴って自分も興味を失ったのか、他に興味が移ったのか。きっかけは覚えていない。
そのあとは別に何かにハマるほどでもなく、聴く音楽のジャンルも変わり、あえて言うなら部活?が沼みたいなもんで毎日部活ばっかりだった。大学入ってからはもう学校生活マジでバラ色で超絶楽しい4年間で、酒と恋愛と友情とバイトに明け暮れて家にも帰らないそんな日常に、何らかの趣味的なものは必要がなかった。音楽と写真はやってたけど、そんなもの無くても毎日忙しく楽しかった。「あ、いま多分人生で一番楽しい時期だな」って当時から自覚もしてた。私の人生のピークはあそこです。あそこにすべてを置いてきてしまった…
そんで人生のピークを過ぎまくった今、日常の中にそこまでの楽しさを見出せる訳もなく、ものすごい体感速度で日々が過ぎて行っている。ジャニーズのおっかけしてる子とか、アイドルのファンとか、アニメの舞台の聖地巡礼しちゃうとか、そういうガチ勢の気持ちを長らく理解できていなかったけど、いまならわかるよ。。ハマれるものがあるのって楽しいよね…。

何が自分の琴線に触れるかなんて、触ろうとしないとわからない。積極的に色んなことに触れていかねば。とりあえず今したいのは、グッドルッキングガイを見続けることなので、7月ドラマで何を見るのかを考えている。本当は4月ドラマもいろいろ見ようと録画がんばったんだけど、録画分を観る前に2話が放送されて、2話も録画したけどまず1話を見なきゃで、でも1話を見るよりほかの録画したバラエティ番組とかを見ちゃったりして、気が付くと3話4話と溜まっていき、そのうち録画も忘れてしまって、もういいや~~~!!!ってなる。毎回かならず1~2本は。結局今期ちゃんと見れたのはコンフィデンスマンJP(長澤まさみの圧倒的パワーをかんじる)とおっさんずラブだけだった。ここ最近は、毎クール面白いと思えるドラマがあるので、来期も楽しみにしてる。最近の日本のドラマ面白くない?絶対数年前よりレベルが上がってる。早く7月になって欲しい。単純におっさんずラブロスに負けそうになってるだけ説が有力なんだけど…。
本当はせっかくのW杯イヤーなのでサッカーにのめり込みたいんだけど、周囲のゴタゴタのおかげで4年前のような熱を持った心からの応援がまったくできそうになく、それどころかさっさと終わって早くリーグ戦再開してくれよと切実に思っているので(推しチームが首位だから尚更)(しかも代表がひとりもいない)、ちょっと今回はそこまでじゃなくていいかな…という感じ。代表戦の日程的に、試合が見れないことが確定しているせいなのかも。野球も推しチームが絶賛最下位爆走中なのでのめり込めてない。チームが弱いときこそ応援するのが本当のサポーターなのでは説、ほんとそれなんだけど、メンタル弱すぎて受け止められないんで無理。

何も得るものが無い文章を長々と垂れ流す時間が一番の趣味なのかもしれないとふと思いました。終わり