「コンテンツとして価値がない」

自分のいまを表す言葉としてもっとも適切な言葉はこれ
私は何者にもなれなかった人なので、何かを持っている人を羨ましく思うと当時に、じゃあ自分があと20歳若かったらそこから努力に努力を重ね何者かになろうと努力しただろうか?と思うと、絶対しないんだよね。自分の過去にそこまでの後悔がない。あえて言うなら努力せずとも天から何かを与えてもらえるんならありがたく頂戴する程度。あとこの会社には就職しない(笑うところ)。
何者にもなれなかったが、何者にもならない人生にも矜持があり、私はそれで満足しているので、人を羨ましく思いながらも目指そうとは思わない、そういうつまらない人間である。誰かの価値あるコンテンツとして生きてみるのも良かったけれど残念ながら器がありませんでした。努力も才能のひとつだと人は言うけどほんとそれ。努力ができるって才能だよ。無価値な人間として今日も会社に出向き、だれでもできる仕事をこなし、税金を納める毎日。とらえ様によっては今すぐ死んだほうが良いのでは???とも思えるが、毎日ごはんは美味しいし、観たい映画もテレビも聴きたい音楽もあるし猫がかわいいので、当面は無事に無価値なまま生きながらえる所存です。かしこ